FC2ブログ
2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

冬は生チン押し付けのチャンス?OLのムチ尻に押し付け成功!

 【24//2016】

8211_1.jpg


冬になると厚着になるだけではなくコートが増え、チカンにとっては辛い季節
しかし実は生チン押し付けがやりやすくなる季節とも言える

あらかじめノーパンの状態でチャックを全開にし、生チンを露出しておく
その上から長めのコートを羽織り、いつでも前を開けられる状態に
これを駅のトイレで準備しておく
とはいえ、コートの季節だからそもそも押しつけられるターゲットを見つけるのが難しく、
不発に終わることが多い

この日は真冬にも関わらず珍しく気温の高い日で、朝だというのにコートを着ていない人、
着てきたけれど脱いで腕にかけている人がちらほら見受けられた
ターゲットを選別する

目にとまったのはスカートスーツのOLだ。
脱いだコートを腕にかけ、スーツ姿のエロい体のラインを露出させている
この季節はコートばかりのため、スーツですらとてもエロく感じられる

なぜスーツはこんなにもエロいのだろうか
特別スタイルが良さそうなわけでもないが、中肉中背の女体に黒のスーツがぴたりと張り付いている
とくにお尻のラインはすばらしい。丸みを帯びたその曲線とメスの匂いがチカン心をくすぐる

後ろに並ぶことに成功し、電車を待つ
歳は20代半ばだろうか、髪を少し明るくしているが、スーツの着こなしはいたって普通で
派手すぎず、地味すぎず、これからチカンするムチ尻をチラ見し、目に焼き付ける
どんなおいしい感触がするのだろうと想像を膨らませる
ある意味この時間が一番ドキドキし、楽しいかも知れない

電車が到着し、乗り込む
目線は前を向けながら、少しだけコートの前を開け、乗り込む
自然と我が生チンは、ターゲットの柔らかなムチ尻に押し付けられた
すぐに股間には程よい柔らかさと、銅像以上の弾力こみ上げてくる

久しぶりに味わう女尻のダイレクトな感触に、半勃起状態だった生チンはすぐに全開になった
生チンおしつけの成功率は低く、本当に貴重な機会だ
いつもはスーツを隔てての押しつけであるが、
今回はターゲットのスカートとパンティーのみを隔ててお尻にチンを押し付けている
その事実がさらに興奮を増し、直接伝わってくるその素晴らしいエロ尻の感触とともに至高の時間を過ごす
押し返してくるようなプリプリのお尻の弾力が生チンを刺激し続け、形容しがたい性的興奮を感じる

ターゲットは全勃起になったあたりから少し後ろを気にし始めた
これだけ硬いものがお尻にあたっていたら流石に気づいているだろう
撤退するか悩んだが、これだけ混んでいては引くのも難しいし、
引くことによって逆に生チンの露出がバレてしまう
今はターゲットのお尻とコートによってうまく隠れている状態だからだ
無駄にガサゴソせずに、なに食わぬ顔で前を見るようにした

しばらくすると諦めたのか、ターゲットも前を見て動かなくなった
ターゲットがチカンを受け入れた瞬間、まさに至高である
後は揺れに合わせて少し大胆に押し付けたり、
どさくさに紛れて少し擦り付けるようにしたり、貴重な生チン押し付けを楽しんだ
ターゲットもチカンされていることは気づいていても、
まさか生チンが押し付けられているとは思っていないだろう

ところが、次の駅に着くと、早々にターゲットが下車してしまった
貴重な生チン押し付けが1駅で終わってしまうのは本当に残念だったがこればかりは仕方ない
やはりOLはチカンへの意識が強く、このように逃げられてしまうことが多い

そのあとなに食わぬ顔で下車し(もちろん生チンは隠し)、ターゲットのお尻を観察する
時間が短かったので量こそ少ないものの、うっすらと我慢汁の跡が円状に残っていた
その跡に気づいた時のターゲットの反応が見たかったが、残念ながらこの日は時間がなかったのでこれで退散
久々においしい思いができた一日の朝であった



※チカンは犯罪です。絶対に実行しないでください
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Category: OL

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新年度狩り報告① 派手目新人OL集団の一人に押し付け成功

 【07//2015】

以前の記事で紹介したとおり、4月は痴漢にとってのボーナスステージである
私もこの1ヶ月の間に何度かおいしい思いができたので順次報告していきたいと思う

4月初旬、夕方帰宅ラッシュ時、たくさんの人で混雑している
やはり4月だけあって、まだ通勤・通学に慣れていないと思われる人がキョロキョロしているのが見受けられる
目にとまったのは4人のスーツ姿の女の子
スーツやカバンが真新しく、見た目も若いが、髪が少し明るかったりスカート丈が短かいことなどから、
就活生ではなく新人OLと思われる。
楽しそうに会話している笑顔と、エロいスーツに包まれた美味しそうな体のギャップがたまらない

この時期は同業者も多い
なぜなら4月がボーナスステージであることは業界で常識だからだ
と同時に、鉄道警察の警備が最も厳しくなる時期でもある
よって、いつも以上に周囲を警戒しなければならない
ターゲットへの視線は最小限にし、周囲も注意深く観察する

ターゲットはおしゃべりに夢中で、なかなか電車の列に並ぼうとしない
あまり近くでうろうろしているのも不審なので一旦壁まで下がり様子を見る

数分後、電車が到着
ターゲットが列の方に動き始めた瞬間を見計らい、自然にすっと後ろに付く
この動きは相当練習しているので、怪しまれてはいないはずだ

列が前に進んでいくにしたがって、ターゲットを絞る
本当は長身の一番可愛い子に行きたかったが、
ポジション的にちょっとポッチャリ目の子になりそうだ
この子はこの子でほどよい肉付きで、痴漢心をくすぐる
スーツのタイトスカートはムチムチのお尻にピタリと張り付き、突き出していてたまらなくエロい
押し付けかお触りか迷っていたが、そんなエロ尻を眺めていたら
たまらなく押し付けたい衝動に駆られたので押し付けを決意する
乗車の直前まで周囲を警戒する
私服の鉄警が紛れていたときのことを考え、肩掛けバッグと腕で押し付け痴漢部分は周囲から見えないようにし、
密着もいきなりはせず、自然な感じを装う

いよいよ乗車だ。徐々に徐々に体と体、お尻と股間の距離を近づけ、視線は前一点を見つめる
数秒後、股間には柔らかい感触、極上の快感が訪れる。新人OLのお尻である
ポジションもかなりよく、混雑時の圧力が後ろからいい具合に押し寄せる
これを利用し、一気に体全体をターゲットに摺り寄せていく
こうなったときに必然的にぶつかるのはお尻と股間だ
直立の時、女性の体で一番後ろ側につき出しているのはお尻だからである
少しだけ、かつ慎重に、股間をぐいぐいと押し付ける
乗車時が一番大胆に痴漢できるチャンス、ここは逃せない
柔らかで、かつ弾力のあるお尻の感触が股間全体を刺激し、
若いおしり特有の弾力が押し返す様な反発力を生み出す
これに負けじと踏ん張ることによって、更にむちむちお尻の極上の感触を股間全体で堪能する

しかし次の瞬間である。後ろから
「はい車内迷惑行為お辞めくださーい」と声が聞こえてきた
駅員である。ラッシュ時は駅員が出入り口で整備しているのだが、バレていたのだろうか?
痴漢歴10年超の私にとっては不覚だ
駅員は鉄警と違って逮捕には積極的ではない
そんなことをしていてはキリがないほど痴漢は多く、証拠もとりづらいからだ
ましてや自分にメリットはなく、仕事が増えるだけ
そんな理由で駅員は形だけの呼びかけが多い
毎日毎日ラッシュ時の整備をしていれば、痴漢を見抜く目が一流になるのも当然か。。。

しかしこのあとの対応は慣れている
素早く、かつ不自然にならないようにタゲから離れる
乗り込み時の押し込みの流れに身を任せて反対方向に行くのだ
乗車時はこの逃げ方ができるから強い

発車後は押し付けしたOLの顔を眺めて妄想に耽った
よくよく顔を見るとなかなか気の強そうな感じであり、爆弾が爆発しなかったことにもホッとした
まぁ見た目は気が強そうでも声は出せないとうパターンの子は大勢いるんだけどね

少し肝が冷えた4月初旬の出来事であった

1402064306240o.jpg

Category: OL

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

お色気OLのムチ尻に押し付け痴漢

 【13//2014】

初冬のある朝、いつもの通りホームで獲物を物色していると一人のOLを発見
すっかり寒くなり、朝はほとんどの人がコートを着始める季節
しかしこのOLはスーツオンリーだった
この季節になるとロングコートなどで痴漢のチャンスは激減
触るどころかお尻を拝めるチャンスすらなくなってくるので、この時点でテンションが上がる
うまく後ろに並ぶことができ、改めてターゲットを視姦する
中肉中背、スカートタイプのストライプスーツだがスカート丈は短め、サイズも小さめの着こなしだろうか、
体のラインがピッチリ出ており、パツンパツンのお尻がすさまじい色気を放っていた
後ろからなので顔はよく見えないが、
ほんのり茶色で少しパーマ掛かったきれいな髪からは上品ないい香りが漂う
化粧品や保険関係の会社だろうか、などと想像を掻き立てながら電車を待つ

電車が到着し、一気に乗り込む
後ろをキープし、乗り込みながら股間をムチ尻にグイグイと押し付けた
OLは一瞬こわばったような仕草を見せたが、乗車後も特に様子は変わらない
混雑具合は絶妙で、お尻の柔らかさがダイレクトに伝わってくる
少しだけ顔を前に乗り出し見てみると、スーツ越しではあるがなかなか豊満なバストが伺える
Dカップくらいだろうか、タイト目のスーツが余計にその微巨乳?を引き立たせる
股間に伝わってくるプリンプリンな柔尻の感触を堪能しながらほんの少しの視姦を楽しんでいるとすぐに勃起
硬くなったアレをお尻の間に押し当てる様な格好になった
硬いアレの感触は明らかに伝わっているだろうから、タゲは痴漢と確信している頃だろう
拒否反応がないか注意深く観察する
しばらくそのまま押し付けていたが、特に様子は変わらない
OK女だ。ある程度痴漢慣れしているのだろう。

周囲にばれない様に左手の平を持ってきて、ムチ尻に押し当てる・・・反応はない
そのままゆっくりとゆっくりと撫で、チンポだけでは味わえない感触を手でも味わう
パンティーラインの境目で変わる微妙な柔らかさの違いを楽しみ、
人差し指と中指で太ももとお尻の境目から下尻を揉むように触り、その弾力を堪能する
しかし、次の駅に到着しそうになるとといそいそと降りる仕草をするのでラストスパート
右手で腰を軽く抑えて強めに股間を押し付け、少しだけ左右に腰を振ってムチ尻を堪能したあと、
左手の平全体で左尻を覆い、軽くではあるがゆっくりと揉んでその柔らかさを脳裏に焼き付けるように味わう
さすがに少し嫌がるような素振りを見せたので、こちらもすっと身を引く
駅に到着するやいなやいそいそと降りて行きましたとさ
その駅が元々降りる駅だったのか、それとも痴漢逃れのために早めに降りたのかは定かではない
さらに次の駅で降りてすぐにトイレの個室に掛けこむと我慢汁でビショビショ
先ほどのムチプリの柔尻の感触と、程よく膨らんだスーツ越しの微巨乳を思い出しながら、
1分たらずでその欲望を放出させた

OLのスーツ越しの尻はやはり押し付けに相応しく、ムラムラする朝にはたまりませんな
1駅間だけだったが、なかなか美味しい思いができた朝であった

6a2c9024.jpg

Category: OL

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。