FC2ブログ
2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

カテゴリ:痴漢の流れ の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

触り方~降りるまで

 【14//2013】

お尻。それは女の最も美味な部位である
胸とは違ってどんな女にも一定量与えられたものであり、
その感触、肌触りも女によって千差万別
硬くてハリのあるお尻もあれば、スライムの様にプリンプリンでとろけるように柔らかいお尻もある
手のひら全体を使ってこの美味を味わおう
基本的に乗車してからは撫で回したり揉んだりといったことは控えるべきだ
スカートの中に手を入れるといった行為も通常はできない
AVに毒されてはならないということを肝に命じておく
手のひら全体をお尻に宛てがい、全神経を集中させてお尻の感触を堪能する
お尻の最も美味な部分は尻下部~太ももの付け根付近であり、
可能であれば指先がこの部分を覆う様なポジショニングがベスト
もちろん手だけではなく体も密着させるため、
例えば右手で右尻を触っているなら左尻には股間が密着する形になる
視点は前一点を見つめ、決してキョロキョロしてはいけないが、同時に周りの状況も把握しなければならない
乗車後も周りが空いてくる場合がある、
その場合は不自然にならないよう痴漢を一旦辞め、タゲから離れなければならない
駅について客の入れ替えが多い時には深追いは禁物、不自然になるからだ
タゲが降りた駅では降りてはならないし、また、少しでも危険を感じたら先に降りてしまうのも手だ

aa502914.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Category: 痴漢の流れ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

触り始め~様子見

 【14//2013】

さて、次に触り方である
よく痴漢のファーストコンタクトで有名なのが手の甲で触るというやり方だが、私はこの方法は使わない
手の甲だろうが平だろうが結局ターゲットにとっては触られていることにはかわりないし、甲だからといって免罪になることなどありえない
よって私は最初から手のひらで触る方法をオススメする

乗車~ドアが閉まるまでのファーストコンタクトでターゲットの見極めの大半が終了するといっても過言ではない
先述のとおり、乗車時は最も触れるチャンスだからだ
最初は尻に手の平を宛がうような感じで触り、徐々に大胆に触ってみよう
ここで大事なのは、ビビらないこと
ターゲットの見極めができるチャンスはこのたった数秒間だけ。とても貴重な時間である
最終的にはターゲットに「痴漢ですよ~」と知らせるくらいに触ってしまって良い
もちろん、いきなり大胆に触るのではなく、最初は尻に手のひらを宛がうような感じで、
徐々に強めに触っていこう(といっても勝負は数秒間しかない。じっくりイメージトレーニングをしておこう)
この間、ターゲットの動きには十分に気を払う
そして

【重要】
ここで一度でも振り返ったり手を払われたり逃げられたりした場合は必ず諦めること


前編で紹介したとおり、ターゲットは乗車前時点で

①痴漢経験がない子
②痴漢経験はあるが触られるまで気づかない鈍感でおっとりした子
③痴漢経験はあるが別に触られるくらいいいかな・・と軽視している子
④痴漢願望のある子

に絞られている
ファーストコンタクトで何らかの抵抗を示した場合、
①もしくは②かつ、爆弾の可能性があるからだ
もちろん、③や④でどんな人なのか確認するために後ろを振り向いたというい可能性もあるが
何しろ痴漢は命がけ
危ない可能性がわずかでもある場合はとことん避けるべきなのだ

さて、ここでも何の抵抗も示さなかった場合はほぼセーフタゲと見て問題ない
ここからは本格的にターゲットの体を楽しむ時間だ
思う存分女の柔らかい肉体を楽しもう

9b32e7802a77bf36d4697487d3e2b153-670x476.jpg

Category: 痴漢の流れ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

乗車

 【21//2013】

さて、いよいよ乗車である
基本的にはターゲットの後ろに陣取り、乗り込む
当然だがこのときは前一点を見つめるかスマホをいじるなどし、決してキョロキョロせず、乗り込む直前までは自然な距離を保たなければならない
前に歩き始め、乗車口に到達し、混雑度がピークに達したところでターゲットに張り付く。あくまでも自然にだ。
ここでファーストコンタクトを試みる

乗車時は痴漢に最も適している
混雑度が最も高い場面であるし、万が一爆弾が爆発しても逃れられるからだ

以下に、具体的なファーストコンタクトの方法を記す

まず、下準備として肩掛け鞄(あまり大きすぎないもの、また、ビジネス用の様に硬い
タイプのものではなく、カジュアルな柔らかいタイプ)を装備する
鞄の部分が腰のあたりにくるようにし、周囲から手元を見えないようにするのだ
ターゲットには真後ろに陣取るのではなく、半人分左右どちからにずれる
そして、鞄に隠したほうの手で触るのだ
左側にずれる場合は右腰側に鞄を位置取らせ、右手で触ることになるし、右側にずれるときは逆になる。

以上のような注意点はとても大事なことである
まず、鞄がなければどんなに混んでいても周囲からばれやすいし、
ターゲットに対して真後ろに立つと手の動きがどうしても不自然になる(手を前に持っていかないと触れない)からである。

また、尻を触る際、手だけでなく体も密着させることも重要
尻だけを触り体は離れていると、あきらかに不自然だからだ
しかし、密着しすぎてもいけない
あくまでも不自然すぎない程度に密着し、触らなければならない。


pub_main3.jpg

Category: 痴漢の流れ

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。