FC2ブログ
2014 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 11

デニムミニの私服JCにたっぷり痴漢

 【19//2014】

とある休日、私用でたまたまとある駅にいると、どうやら車両トラブルで電車が遅れている模様
痴漢の血が騒ぎ出す
とは言っても電車が遅れているくらいではなかなか痴漢できる状況にならないのが実際のところ
そこで、動いている方の電車を駆使してもともとそれなりに混む駅へ移動する
ビンゴだ。やはりこの駅も影響を受けて人でごった返している
この辺は都内の路線を熟知していないと成せない技だ

休日は若い女の子が多く、
しかも平日通勤時間と比べて警戒心が薄い
平日の通勤時間は混雑することが予めわかっているからだ

駅のホームはざわつき、人も多く、物色がかなりしやすい
ターゲットを一人に絞り込んだ
私服のJCである
正確にはJCか不明であるが、顔の幼さや服装からJCくらいであろう
Tシャツにミニのデニムスカート
丈は結構短い。ツンと突き出したお尻がたまらなくエロい
そしてどうやら一人のようだ
友達と遊んだ帰りだろうか、やはり一人の女の子は狙いやすい

うまく真後ろに並ぶことができた
電車が到着するがすでにたくさんの人が乗っている
並んでいる人からも「うわーすごいな」などと声があがる
JCにはというとすこし電車のほうを見るが携帯に夢中らしい

不自然でないようにぴたりと後ろにはりつき、そのまま乗車
体を密着させても不自然でないほどの混雑具合だ
ここぞとばかりに手の平をお尻に宛てがい、ぐいぐいと押し付ける

厚いデニム生地越しではあるがほのかにやわらかい感触が伝わってくる
JCはまだ気づいていないようだ

そのまましばらく手の平でデニム生地越しの尻の感触を楽しむ
このまま先へ進もうか現状維持しようか迷う
ゆっくりと指の先をおろし、スカートの裾を乗り越えて生脚に触れる
短いスカート丈が幸いし、すぐに太ももに触れた

あまりのツルツルスベスベさに驚愕する
若い子はやはり肌の質感が違うと再確認した
特にJCの肌はハリとツヤが格別だ
特に裏太ももは最も美味な部分で、その柔らかさとの相乗効果がすさまじい

思わず触れていた指先を4本に増やし、つんつんと触っていく
反応はない
思い切ってゆっくりと指先でそのすべすべの裏ももを撫でていく
つんつんと触っているだけの時よりダイレクトにその感触が伝わってくる

これだけ触っても反応はない
どうやらJCは痴漢に観念したようだ
最初から我慢していたのだろうか
このくらいの年の子は抵抗が少なくて本当にやりやすい
JKくらいから凶変するんだけどね

ここまできたらこちらのものだ

裏ももよりさらに美味な部分、お尻を目指す
ゆっくりとゆっくりと指を中に折るように侵入させていく

プリンとした肉付きが感じられる
太ももよりも脂肪のついた箇所、そうお尻だ
女特有の脂肪、成長途中の女のカラダを感じられる場所だ
指先でそのプリプリの感触を楽しむ
見た目は幼いが、つくところにはちゃんとやわらかいお肉が実っていた

ここでJCはスカートの横の方の丈を抑えてそわそわしだす
どうやらスカートが捲れていないか気にしているようだ
触られるのは我慢できても、周りにバレるのだけは恥ずかしいようだ

しかしここは痴漢紳士、当然周りに気付かれないようにスカートはめくっていない
デニムタイプのスカートはめくると周りも捲れてしまうからだ

後ろの裾を抑えながらJCの手をちょんちょんと触ってスカートをめくっていなことをアピールする
JCはスカートを気にするのをやめ、また我慢モードに入った

”100歩譲ってお尻触られるのは我慢するのでスカート捲るのだけはやめて下さい”
”大丈夫、周りにはばれないようにしてるから。触らせてね”

こんな会話を心の中で交わしたような気になり、ますます支配欲が強くなり、
さらに大胆にお尻を触りまくる
ここまで触らせてくれる子にはなかなか巡り会えない
千載一遇のチャンスを逃してなるものかと腹をくくる

パンツのクロッチの部分をずらし、人差し指をするりと差し込む
濡れてはいないが熱を帯びた陰部の感触を感じる
そのまましばらく撫でているとほんの少しだけ濡れてきたので
そのかすかな滑りをたよりに指を入れようとする、が、入らない
処女だろうか、あるいは滑りが足りないのか
JCの様子をうかがうと先程よりも明らかにこわばっており、周りにバレそうだったのでここで断念
お尻へのタッチへ変更した
結局次の駅までの数分間、欲望のままにJCのお尻を堪能することができた

通勤、通学の時間帯にはなかなかできないおいしい経験ができた良い一日だった

10011_500.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Category: JC

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

最強痴漢集団の餌食となり触られまくった新人OL

 【12//2014】

4月上旬。痴漢達が最も躍起する時期の1つである。
新しく通勤、通学を始める女の子は警戒心が弱く、格好の餌食となる。
某路線の痴漢集団も、いつもより多めに供給される獲物に心躍らせる。

そんな4月初めの平日夕方、某路線の列に一人のスーツ姿の女の子が並んだ
シワの無い黒無地の真新しいスーツで鞄も新しい。間違いなく新人OLだ。
この時私は列の後方に離れていたので顔を覗き込むわけにはいかなかったが、
とても若そうな雰囲気だ。
高卒、もしくは短大専門卒の新人OLだろうか。
近くにいた痴漢達は音を立てないように、かつ素早く後ろに並ぶ
あっという間に後方のポジションは埋まってしまった
私は一人挟んだ後ろに並んでいる

高めの身長と程よい肉付きのお尻
黒髪ロングの髪から溢れ出る大人しそうな雰囲気
痴漢達の間で緊張が走る

車両が到着し、前へ少しずつすすむと、ターゲットの周りを一気に痴漢達が囲む
もちろんあらかじめ計画されたものではない
一人ひとりが赤の他人、痴漢なのだ

目配せ無しの牽制をし合いながら、一気に押しこむ
激しいポジション取りが繰り広げられるがなんとか片手でお尻を掴んだ
すでにたくさんの手がひしめきあっていたが確かにその柔らかなお尻の感触を感じることができた
数秒撫で回したあと、さらに横から圧力がありターゲットから離されてしまった
触られまくった新人OLは思い切り後ろから押されたせいで前のオッサンにタックルしてしまい、
「すみません・・」と顔を赤くしながら謝っていた
その後こちら側に顔を向けるような形に
前にいたオッサンは痴漢ではなく一般客のようで、こちらを見ていたためやりづらく
周りの痴漢たちは乗車中の痴漢は断念したようだ

I駅に到着し、一旦降りて列の後ろに並ぶ
新人OLも一緒に降りたため、第二のポジション争いが始まる
抵抗しない獲物と分かった最強痴漢師達はあからさまに新人OLの周りに集まりながら車両に押し込む
今回は乗り込む前から触りまくっていた
痴漢達のおかげで周りに見られないからだ
私もこの時はとてもいいポジションにいられたのでガッツリとお尻を揉み、撫で回し、その若くて柔らかな感触を堪能した
スベスベのスーツ越しのお尻はたまらなくエロく、じっくり触ってみるとなかなかのボリュームと弾力が感じられた。
囲まれて為す術のないこの状況がまたたまらなく興奮させる
さすがの新人OLも抵抗し、乗車を辞めようと試みるが、すでに四方八方に痴漢がいるため押し返される形となる
調子に乗って片手を後ろから回し胸を揉みにいく
腕を前にして縮こまるようにガードしているためガッツリは触れなかったが
推定Cカップくらいだろうか?スーツの上からではあるが確かにやわらかなボリュームを感じることができた

ソロの痴漢ではほとんど不可能に近い胸への痴漢に興奮しながら押し問答を続けること数秒
さすがに駅員の「押さないで下さい!危ないですよ!」「女性の方大丈夫ですか?」の声もあって
ようやく開放された新人OL
次の電車に乗るべく並ぶが、顔は青ざめ完全に半泣きになっていた

その顔をじっくりと眺めながら、たっぷりとお触りしたお尻と胸の感触を思い出し、その日のおかずにした
触れた時間こそ短かったが、集団の力でノーリスクで好き放題できるのが某路線のメリットだ
とてもおいしい思いができた1日だった

7195_3.jpg

Category: 餌食になった女の子達

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

リアルな痴漢作品の最新作が登場!

 【03//2014】

現在私が最も注目しているリアル痴漢作品、OTK氏より新作が出ました
素人さんを実際の満員電車に乗せて痴漢の様子を撮影するというコンセプトで、
痴漢ファンには伝説となっているムーディーズの最強痴漢シリーズを真似ています
今回のは夏の番外編ということで3シーンとも浴衣の素人さんが実際の満員電車で触られまくります
年齢はちょ~っと高めかも?

しかしながら実際の満員電車でのリアル撮影という意味では本当に貴重な作品です
私もさっそく拝見しましたがこのリアルな臨場感は他では味わえないです
過去作とも合わせて是非ご覧になって下さい



本物の痴漢現場へ潜入【夏の番外編】~Scene1~
f2165bbc-63df-451c-9407-876496f3aaa7.jpg



本物の痴漢現場へ潜入【夏の番外編】~Scene2~
cb376924-11ff-4316-94d6-d2964a1cea39.jpg



本物の痴漢現場へ潜入【夏の番外編】~Scene3~
bb210031-36b3-44bb-99d6-c1f6855d7dfd.jpg



OTK氏の過去作紹介記事はこちら

Category: オススメ痴漢作品

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る