FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

デニムミニの私服JCにたっぷり痴漢

 【19//2014】

とある休日、私用でたまたまとある駅にいると、どうやら車両トラブルで電車が遅れている模様
痴漢の血が騒ぎ出す
とは言っても電車が遅れているくらいではなかなか痴漢できる状況にならないのが実際のところ
そこで、動いている方の電車を駆使してもともとそれなりに混む駅へ移動する
ビンゴだ。やはりこの駅も影響を受けて人でごった返している
この辺は都内の路線を熟知していないと成せない技だ

休日は若い女の子が多く、
しかも平日通勤時間と比べて警戒心が薄い
平日の通勤時間は混雑することが予めわかっているからだ

駅のホームはざわつき、人も多く、物色がかなりしやすい
ターゲットを一人に絞り込んだ
私服のJCである
正確にはJCか不明であるが、顔の幼さや服装からJCくらいであろう
Tシャツにミニのデニムスカート
丈は結構短い。ツンと突き出したお尻がたまらなくエロい
そしてどうやら一人のようだ
友達と遊んだ帰りだろうか、やはり一人の女の子は狙いやすい

うまく真後ろに並ぶことができた
電車が到着するがすでにたくさんの人が乗っている
並んでいる人からも「うわーすごいな」などと声があがる
JCにはというとすこし電車のほうを見るが携帯に夢中らしい

不自然でないようにぴたりと後ろにはりつき、そのまま乗車
体を密着させても不自然でないほどの混雑具合だ
ここぞとばかりに手の平をお尻に宛てがい、ぐいぐいと押し付ける

厚いデニム生地越しではあるがほのかにやわらかい感触が伝わってくる
JCはまだ気づいていないようだ

そのまましばらく手の平でデニム生地越しの尻の感触を楽しむ
このまま先へ進もうか現状維持しようか迷う
ゆっくりと指の先をおろし、スカートの裾を乗り越えて生脚に触れる
短いスカート丈が幸いし、すぐに太ももに触れた

あまりのツルツルスベスベさに驚愕する
若い子はやはり肌の質感が違うと再確認した
特にJCの肌はハリとツヤが格別だ
特に裏太ももは最も美味な部分で、その柔らかさとの相乗効果がすさまじい

思わず触れていた指先を4本に増やし、つんつんと触っていく
反応はない
思い切ってゆっくりと指先でそのすべすべの裏ももを撫でていく
つんつんと触っているだけの時よりダイレクトにその感触が伝わってくる

これだけ触っても反応はない
どうやらJCは痴漢に観念したようだ
最初から我慢していたのだろうか
このくらいの年の子は抵抗が少なくて本当にやりやすい
JKくらいから凶変するんだけどね

ここまできたらこちらのものだ

裏ももよりさらに美味な部分、お尻を目指す
ゆっくりとゆっくりと指を中に折るように侵入させていく

プリンとした肉付きが感じられる
太ももよりも脂肪のついた箇所、そうお尻だ
女特有の脂肪、成長途中の女のカラダを感じられる場所だ
指先でそのプリプリの感触を楽しむ
見た目は幼いが、つくところにはちゃんとやわらかいお肉が実っていた

ここでJCはスカートの横の方の丈を抑えてそわそわしだす
どうやらスカートが捲れていないか気にしているようだ
触られるのは我慢できても、周りにバレるのだけは恥ずかしいようだ

しかしここは痴漢紳士、当然周りに気付かれないようにスカートはめくっていない
デニムタイプのスカートはめくると周りも捲れてしまうからだ

後ろの裾を抑えながらJCの手をちょんちょんと触ってスカートをめくっていなことをアピールする
JCはスカートを気にするのをやめ、また我慢モードに入った

”100歩譲ってお尻触られるのは我慢するのでスカート捲るのだけはやめて下さい”
”大丈夫、周りにはばれないようにしてるから。触らせてね”

こんな会話を心の中で交わしたような気になり、ますます支配欲が強くなり、
さらに大胆にお尻を触りまくる
ここまで触らせてくれる子にはなかなか巡り会えない
千載一遇のチャンスを逃してなるものかと腹をくくる

パンツのクロッチの部分をずらし、人差し指をするりと差し込む
濡れてはいないが熱を帯びた陰部の感触を感じる
そのまましばらく撫でているとほんの少しだけ濡れてきたので
そのかすかな滑りをたよりに指を入れようとする、が、入らない
処女だろうか、あるいは滑りが足りないのか
JCの様子をうかがうと先程よりも明らかにこわばっており、周りにバレそうだったのでここで断念
お尻へのタッチへ変更した
結局次の駅までの数分間、欲望のままにJCのお尻を堪能することができた

通勤、通学の時間帯にはなかなかできないおいしい経験ができた良い一日だった

10011_500.jpg

Category: JC

Comments (11) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ちょいギャルJKのエロ尻にガッツリ押し付け痴漢成功!

 【21//2014】

9月中旬。少しずつ涼しくなり、痴漢達にとっては夏服JK見納めの寂しい時期
この時期は最後の薄着JKを味わおうとどうしてもがっついてしまいがちだが無理は禁物である

この日の夕方は諸用で遠征中だったのでいつもとは別の路線を探索
何度か来たことはあったので狙い目の時間帯、車両もリサーチ済みだ
いつもとは違う制服がちらほら見えてとても新鮮
目立たない場所からじっくりと獲物を選ぶ
もちろん不審なオーラが出ないよう気配は殺し、不自然でない振る舞いをする
この辺りは熟練の功が成せる技である

しばらくして一人のJKが目に止まった
長めのサラサラした黒髪で細身、学校帰りのJK1~2と推測される
背はやや高めでスタイルが良く、くびれているせいもあってかお尻の膨らみになかなかのボリュームが伺える
顔はよく見えなかったがまさに痴漢にとって大好物なターゲットだ
痴漢にとってスタイルは顔よりも優先される
特にお尻が大きい子は猛烈に触りたくなるものだ

さりげなく後ろに並び改めて確認すると、やはりいいお尻だ
スカート丈が短めなこともあってか裾が少し浮き上がり、そのお尻の大きさを物語っている
通常のお尻は制服越しにはあまり目立たないが、この子の場合はツンと突き出るように膨らんでいる
痴漢を誘っているようで本当にたまらない
しかし実際にどうなのかは確かめてみるしかない
どんなお尻なのかドキドキしながら、しかし平穏を装い電車を待つ

電車が到着。この路線はそこまで激混みにはならないのだが、この日はなかなかの混みよう
乗り込むと同時にスカートを軽くめくり中を優しくタッチ・・・とここですぐに後ろを振り向かれた
すぐにお触りはやめ手は戻す。と同時に体全体を密着させ誤魔化して事なきを得た
時間的には短かったが感触的には柔らかくて薄い生地に触れたので十中八九生パンだろう
しかしこうなってしまってはもう触ることはできない
お触りのほうは断念してなんとか押し付けできないか考える
しかし混雑具合の方は微妙。次の駅から少し人が増えるのでそこまでチャンスを待つ

次の駅に到着。降りる人はほとんどおらず、追加で数人乗ってくる
計画通りだ。この辺りもリサーチ済みである
おまけに今日は人が多く、かなりの混雑具合になった
こうなったらもうこっちのもの
人の圧力に身を任せてJKに体を更に密着させる
するととても素晴らしいことが起こる

女性が直立不動で立った時に一番後ろに出ている部位はお尻だ
その後ろに立って体全体を密着させるとどうなるだろうか?
そう、必然的に股間にJKのお尻がムニニっと宛てがわれるのだ
その分JKが前へ仰け反ろうとしても満員のため動けず、
そのお尻は延々と股間を刺激し続けることになる

全神経を股間に集中させてそのJKのお尻を迎え入れた
するとJK特有のとろけるような柔らかさと程よい弾力が直に伝わってくる
やはり夏スカート&生パンJKへの押し付けは最高だ

おまけにこのJK、やはりお尻のボリュームが素晴らしく、
とろけるようで重量感のある感触が股間を刺激し続ける
すぐにアレはビンビンになり、まるでバックで犯しているかのような感覚になった

こんなに細い体なのにこんなに大きいお尻
JKの発育の良さに感心しながら目を閉じ、
「いい尻してんなぁ」と心のなかで囁きながら感触を楽しむ
ぽっちゃりしている子は当然お尻も大きいが、
細い子でお尻が大きい子はなかなかいない
相当レアな獲物に大興奮だ

JKも異変に気づいたのか最初はモゾモゾと動いていたが満員のため動けず、
やがて諦めたのか下を向いて抵抗しなくなった
その大きなお尻は股間全体を包み込むようにジャストフィットしている
電車の揺れで微妙に擦れ、擬似尻コキのようになるからたまらない
我慢汁がダラダラ出ているのが分かるが気にせず堪能しつづけた

やがて次の駅に到着
少し人が降り、密着が難しい状況になってしまったので断念
JKがチラチラとこちらを見てくるので危険を感じさらに次の駅で降りることにした

短い時間であったが貴重な夏服スカート&生パン、しかも細いのに巨尻のJKへの押し付けという、
数ヶ月に1回レベルのおいしい思いをできた貴重な日だった

8e8c12f0.jpg

Category: JK

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ツルツルスベスベ生地のリクスーJDのお尻をたっぷりと堪能

 【19//2014】

就活リクスーJDの主な出没時期は1月~6月くらいまでだろうか
3月まではコート着用が多いため実質的な狙い目は4~6月あたりとなる

就活JDの特徴は黒髪、大人しめの化粧、真新いビジネス鞄、そしてリクルートスーツである
リクルートスーツは少し安っぽい生地なのだが、これがツルツルスベスベしていて痴漢にはたまらない触り心地なのだ
見た目も普通のスーツよりペラペラ、テロンテロンな感じで思わず触りたくなってしまう
時間帯は朝ではなく夕方だ
説明会や面接を朝一でやるところはほとんどない


4月下旬のある日、獲物を物色中に目を引くリクスーJDを発見
リクスーの絶対数は多くないので胸が高まる
中背中肉、タイトスカートタイプのリクスーで、
パンッと張ったお尻がたまらなくエロい
とびきりかわいい子ではないようだが
このリクスーのおかげで痴漢の興奮度は5割増しといったところか

電車が到着し、乗り込む
ファーストコンタクトとして右手を右尻に宛がう
押し付けもしたいところだが混雑具合が微妙なので断念
右手に全神経を集中させる
ツルスベの生地と柔らかな尻が相まった極上の感触が伝わる
JDは痴漢に気づいているだろうか
混雑も微妙なのであまり強引にはいけない

2駅ほどしてさらに乗客が増えた
窓際をキープしつつ一気にJDに体を密着させ、尻に股間を押し付ける
左尻に股間、右尻に右手をあてがうような格好
手元が見えないほどの混雑具合になったので、様子をうかがいながら
恐る恐るゆっくりと手の平で撫で回し、軽く指を動かして尻の感触を楽しむ
JDはさすがに気づいているだろう、しかし抵抗する様子はない

20台前半の適度に熟したお尻、ボリューミーで程よい柔らかさと弾力
もちろん生パンの時の感触には負けるが、
リクスーのツルスベの生地との相性もたまらない
人差し指と中指で少し食い込んだパンティーラインの境で微妙に変わる感触を楽しむ
股間にも弾力のある感触が伝わり、興奮状態は絶頂に達する

JDは観念したのか、少しうつむき加減でじっと耐えている
揺れに合わせて股間を押し付けつつ、さらに右手で軽く揉むように掴む
よりダイレクトに伝わってくるその弾力と柔らかさに酔いしれていると、
次の駅でそそくさと降りて行ってしまった

時間が短く少し不完全燃焼で終わってしまい残念
もう少し早くしかけて長い時間堪能すべきだと反省の残る一日だった

リクスー尻のあの特有の感触は本当にやみつきになるので是非一度ご賞味頂きたい

kai-blog_import_51a933daebb7c.jpg

Category: JD

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ニットのミニワンピお姉さんに生チン押し付け成功!!

 【05//2014】

4月中旬、暖かくなり徐々に薄着になっていくこの季節
生チン押し付けができる数少ない期間である

駅のトイレであらかじめズボンからアレを露出させ、ロングコートを羽織る
コートを羽織っていても不自然ではないギリギリの時期、
かつ女も薄着になる、千載一遇の気温

ホームで目に止まったのはニットのミニワンピースのお姉さん
20歳前後だろうか?
純白のミニワンピースと黒のニーハイとの対比がエロい
体は細身~普通だがやはりニットワンピは下半身が絞れているデザインになっており、
エッチなお尻の形が丸わかりだ。うっすりのパンティーのラインも見える
ギャルではないが髪も明るめで今風な感じ
こういうギャルでもないのにエロイ格好の女は最高に痴漢心をくすぐる
後ろに並び、前一点を見つめ平静を装う

電車が到着。ターゲットは列を離れようとしない。混雑と一緒に乗り込む。
乗り込む直前、ロングコートの前を少しだけあけ、一気に生の股間を尻に押し付ける
もちろん、体全体を密着させ、周りからは不自然に見えないようにする
股間にはやわらかな感触が伝わる。この瞬間がたまらない。鼓動は高鳴る。

ターゲットは前を向いたままだ。まだ気づいていないのだろうか
電車の混み具合は絶妙で、押し付けには最適な具合だ
ポジショニングもほどよく、周りからは押し付け部が見えづらく、密着も不自然ではない。

生での押し付けは最高だ。感触がダイレクトに伝わってくる。
とろけるような桃尻の感触はもちろん、ニットのふわふわした柔らかさもたまらない
20歳のちょうど熟したおいしいお尻。ボリュームと弾力のバランスが絶妙だ。
この絶妙なおしりの柔らかさと、ニットのふわふわした柔らかさが相まって股間を刺激する
ズボン越しの押し付けとは格別の感触に、おもわずにやけてしまいそうだ

この路線は揺れも多く、揺れのたびにさらに激しく柔らかな尻がつんつんと股間を刺激し続ける
徐々に勃起が全開に達し、硬いモノをバックからつつく様な格好に
さすがのターゲットも気づいたのか、後ろを気にしている
しかし振り向くことはなく、観念した様子で下を向いてじっとしている
これはもらった、と心のなかでガッツポーズ
痴漢を受け入れさせた(我慢させている)と分かったこの瞬間は、
痴漢にとってなんともいえない支配欲が湧き上がり、さらに興奮度が増す
このまま生パンに押し付けたかったが、残念ながらこのタイプのワンピースは
後ろだけめくるということができないので生パンには不向きだ
しかたなくワンピース越しのお尻を堪能し続ける
生のアレはお尻のちょうど真ん中に挟まれ、全方向から柔らかな弾力が伝わる

だんだんと気づいてきたのだがこの女、なかなかいいお尻のボリュームである
体格とお尻のボリュームは比例することが多いのだが、
細身の割にお尻のボリュームが大きい
肩越しに前をのぞき込むと胸もなかなか大きく(Dくらいだろうか?)、
おまけに胸元が大きめに開いているデザインのせいで谷間と黒いスケブラが拝める

そんなエロイ体を拝みながらボリュームと弾力のあるお尻に押し付けていると、
必然的に我慢汁がダラダラ出てきているのがわかる
さすがにそこまではターゲットに気づかれないだろうが、
前を向きながら我慢汁で濡れていくワンピースのお尻を想像し、さらに興奮を高める

次の駅のアナウンスが流れるとターゲットがソワソワしだす
どうやら次で降りるようだ、最後の最後まで堪能してやる
目を閉じ、揺れに合わせながらバックで突いている想像をしながらぐいぐいと押し付ける
前に揺れる時は押し付け、後ろに揺れる時は踏ん張って押し付ける
生チンなのでお尻の間にすっぽりと完全に埋まり、四方八方から柔らかな弾力が刺激する
ぐんぐんと込み上がるものはあったが、射精までは至らず
駅につくとターゲットは足早におりていった

自分も降りて斜め後ろからついていくと、お尻には白で目立ちはしないがくっきりと濡れた跡が残っている
気づいた時のリアクションが見たかったが結局気づかず追跡を断念しましたとさ

uproda307493.jpg


Category: JD

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スカート短くしてるちょいギャルJCの生パンを堪能!

 【02//2014】

日本中のメス達が薄着になる真夏のある日
ホームで一人のJCを発見
電車通学のJCは絶対数が少ないし、大半はスカートが長くあまり性欲をそそられない
そのため実際には痴漢しやすいターゲットなのだがあまりその機会は多くない

しかしながらこのJCはスカートがかなり短い
ひざ上30センチくらいだろうか
おまけに細身でスラっとしているため男の本能をムラムラとくすぐる
JCと判断した所以は横顔の幼さと白ソックス、鞄などからである

ここまでミニスカのJCはなかなかお目にかかれない
髪もストレートパーマをかけている感じで、なかなか垢抜けている
染髪はしていないのでギャルとまではいかないがちょいギャルといったところか
おまけにこの車両の列にならんでくるということはそこそこ痴漢慣れしていそうだ

電車が到着し、後ろにぴたりと貼り付く
混雑に突入すると同時に右手の平をお尻に宛がう
小ぶりでほんのり柔らかい若尻の感触が伝わり、興奮が高まる
電車が発車したあともしばらく手の平全体で感触を味わい、
中の指三本で少し強めにつんつんと触ってみる
さすがに痴漢であるとは感じているはず
反応はない
今度は手の平全体でゆっくりと尻を撫で回すように触ってみる
今度も反応はない
間違いなく痴漢だとはいうことは確信に変わっているはず
少し顔をうつむかせ、我慢しているようにも見える

やはりJCは痴漢しやすい
JKならばこの段階にくるまでに後ろを振り向かれたり、離れられたり、
何らかの拒否反応を示され断念することが多いがあっさりとここまでこれた

ここまでくればあとはもう痴漢の独壇場だ
中指と人差し指でゆっくりとスカートをめくり、指をスカートの中に侵入させる
するとスベスベの生地に指が触れた 生パンだ
おまけに少し食い込んでいて生尻も堪能できる

JCの生パンをゲットできるチャンスはとても少ない
1年通しても数えるほどしかない、レアチャンスである
心臓バクバクの状態でその希少な感触を楽しむ
太もも~下尻にかけての肌がとてもスベスベしていてたまらない
このスベスベ感も10代半ばでしか味わえない、レアものだ
お尻自体は小ぶりだが、お尻の中で最も美味な部分(太ももとお尻の堺にある下尻)、
ここにはそこそこボリュームのある脂肪が伺えた
三本指を使ってここを重点的に触る
プニプニとしたエロい感触が堪らない
撫でたり、軽く揉んだりして最後まで堪能し続けた

3駅ほどしてJCは何食わぬ顔をして降りていった
あれほどミニスカにしていたらかなり痴漢被害にはあっているだろう
それでもミニスカを貫いているということは痴漢にあまり抵抗はないのだろうか
しかしこのOK娘はそれ以来一度も見かけていない

無題

Category: JC

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る